ホーム > おすすめ > 個人再生制度

個人再生制度

破産手続きをする人で抱える債務に関し保証する人を立てている場合には事前にきちんと相談をしておいたほうがよいでしょう。

 

ここで、改めて言いますがほかに保証人を立てている場合は、破産申告前によくよく検討するべきです。

 

つまりはあなたが破産手続きを出して受理されれば、補償する立場の人があなたが借りた負債をまとめて果たす義務が生じるからです。

 

ということから、破産宣告をする前に保証人となる人に今までの詳細や今の状態を説明しお詫びをしておかなくてはならないでしょう。

 

これは保証人となる人の立場で考えると当然必要なことです。

 

友人等のあなたが破産宣告することから、高額の負債が発生することになるのですから。

 

それで、そのあとの保証人の選べる手段は以下の4つです。

 

一つの方法はあなたの保証人が「いっさいを返済する」というものです。

 

保証人となる人がいつでも債務を苦労することなく返すことができるカネを用意していれば、この方法を取ることが可能になります。

 

でもその場合は、そのまま破産申告せず保証人に立て替えをお願いして今後は保証人自身に定期的に返済していくという形も取れると思います。

 

また保証人が破産を検討している人と良い関係にある場合は少し返金期間を考慮してもらうことも可能かもしれません。

 

いっぽうひとまとめにして返金できなくとも、貸方も分割払いに応じてくれるかもしれません。

 

あなたの保証人にも破産による整理を実行されてしまうとカネがすべて戻らないリスクを負うからです。

 

その保証人がその負債をすべて払う財力がなければあなた自身とまた同じくどれかの借金の整理を選ばなくてはなりません。

 

2つめが「任意整理」です。

 

債権者と示談することにより、5年以内くらいの期間内で返済していく感じになります。

 

弁護士事務所に依頼するにあたっての相場は債権者1社ごとにだいたい4万円。

 

合計7社から借り入れがあるとしたら28万かかることになります。

 

確かに貸金業者との話し合いを自分ですることもできないことはないですが法律の経験のない方だと債権者側が自分に有利なプランを用意してくるので、注意が必要です。

 

ただ、任意整理をするとしてもあなたは保証人に借り入れを立て替えてもらうことを意味するわけですからあなた自身はたとえちょっとずつでもその人に支払いをしていくべきでしょう。

 

次の3つめはあなたの保証人も返せなくなった人と同じように「破産手続きをする」という方法です。

 

保証人となっている人も債権者と同じく破産宣告すれば保証人の義務も帳消しになります。

 

ただその場合は、保証人がもし住宅等の不動産を所有しているならばそういった個人資産を失ってしまいますし証券会社の役員等の業務に従事している場合などは影響は避けられません。

 

その場合、個人再生制度を活用できます。

 

4つめの選択肢は、「個人再生をする」こともできます。

 

住宅等の不動産を処分せず債務整理をしていく場合や、自己破産手続きでは資格制限があるお仕事に従事している場合に選択できるのが個人再生制度です。

 

個人再生なら、自分の住宅は処分しなくてもよいですし破産申し立ての場合のような職業の制限資格に影響する制限等はありません。

 


関連記事

  1. ノーローンのキャッシングは頼りになる秘密道具だ

    ドラえもんはのび太くんが困っているときに役立つ道具を出してくれますが、お金は出し...

  2. 個人再生制度

    破産手続きをする人で抱える債務に関し保証する人を立てている場合には事前にきちんと...

  3. 借金の整理

    破産を検討する人で抱えている負債にあたりほかに保証人を立てているときにはきちんと...

  4. テスト

    テスト記事です。...

  5. テスト

    テスト記事です。...