ホーム > おすすめ > 借金の整理

借金の整理

破産を検討する人で抱えている負債にあたりほかに保証人を立てているときにはきちんと相談しておくべきでしょう。

 

さらに、強調しておきますが保証人となる人物を立てているときは、破産申告前にちゃんと考えるべきです。

 

自分が破産して免責されると保証人があなたの義務をすべて背負うことになるからです。

 

ですので、破産宣告の前に保証人になってくれた人に、過去の現在の状況について説明してお詫びの一つもなくてはいけないでしょう。

 

保証人からすると不可欠なことです。

 

破産手続きを取るのが原因で有無を言わせず数百万もの借金が回ってくるわけですから。

 

そうすると、それからの保証する立場の人の選べる手段は次に示す4つです。

 

まず1つめですが、保証人が「すべてを払う」ということです。

 

保証人がいきなり何百万もの負債を簡単に返金できるような財産を持ち合わせていれば、これができます。

 

でもむしろあなたが破産申告せず保証人となる人に借金して今後は保証人である人に返済をしていくという選択肢もあるのではないかと思います。

 

その保証人があなたと親しい関係にある場合などは、ある程度返済期間を繰り延べてもらうこともできるかもしれません。

 

保証人が一括で返すことができないとしても業者側も話し合いにより分割払いに応じることもあります。

 

保証人となっている人にも破産宣告をされてしまうと借金がなにも手に入らないリスクを負うことになるからです。

 

保証人がそのお金を代わりに負う財力がなければお金を借りたあなたとまた同様にいずれかの借金を整理することを選ばなくてはなりません。

 

2つめは「任意整理をする」ことです。

 

貸した側と話し合いを持つ方法により数年の期間内で完済していく方法です。

 

実際に弁護士にお願いするときの費用の相場は債権者1社ごとにおよそ4万円。

 

もし7社からの借金があるならおよそ28万円かかります。

 

当然相手方との示談を自分でやってしまうこともできますが法律や交渉の経験と知識がない方の場合向こうがあなたにとっては不利なプランを勧めてくるので気を付ける必要があります。

 

いずれにしても、任意整理になる場合も保証人に借り入れを立て替えさせることを意味するわけですから、時間がかかるとしてもあなたの保証人に支払っていく義務があるでしょう。

 

さらに3つめはその保証人も借金した人と同じく「自己破産をする」ことです。

 

債権者と同様に破産申告すれば保証人となっている人の義務も返さなくて良いことになります。

 

ただ、保証人がもし不動産などを登記している場合はそれらの個人財産を没収されてしまいますし、税理士等の職業についている場合などは影響があります。

 

その場合、個人再生という処理を検討することができます。

 

一番最後に4つめの方法は「個人再生を利用する」こともできます。

 

住宅等の不動産を手元に残したまま借金の整理をしていく場合や自己破産手続きでは資格制限にかかる仕事にたずさわっている人に検討していただきたいのが個人再生という制度です。

 

この方法なら、住居する不動産は処分が求められませんし破産手続きの場合のような資格に影響する制限が一切かかりません。

 


関連記事

  1. ノーローンのキャッシングは頼りになる秘密道具だ

    ドラえもんはのび太くんが困っているときに役立つ道具を出してくれますが、お金は出し...

  2. 個人再生制度

    破産手続きをする人で抱える債務に関し保証する人を立てている場合には事前にきちんと...

  3. 借金の整理

    破産を検討する人で抱えている負債にあたりほかに保証人を立てているときにはきちんと...

  4. テスト

    テスト記事です。...

  5. テスト

    テスト記事です。...